廃棄物マネジメントサービス

学校の廃棄物マネジメント

こんなことで
お困りではありませんか

廃棄物処理コスト
を適正化したい。

コンプライアンス、処理体制
を整備したい。

大量に出る廃棄物の処理
依頼したい。

PC・サーバーなどの機器類
情報セキュリティを担保したうえで
廃棄したい。

そのお悩み、リバーが解決します

ここがポイント!

  • POINT01“プロの目”
    でコストダウン
  • POINT02コンプライアンス
    スキーム構築
  • POINT03広域・大量
    処理
  • POINT04機密情報
    対応

POINT01

現状のプロセスを“プロの目”で確認し、コストダウンに役立つ提案を行います。

廃棄物の処理コストは、品物の性状だけでなく、ロットや搬出頻度、処分場までの距離などの引取条件によっても上下します。どこでコストがかかっているのかを見極めるとともに、コストダウンに向けた提案を行います。また、廃棄物として処理されるもののなかには、分別や仕分け方法によって有価物として取り扱えるものも多々あります。廃棄物の材質を確認し、有価物化に向けた提案も行っています。

POINT02

適正なコンプライアンススキームを提案します。

数少ない静脈産業の上場企業として、自らがコンプライアンスを遵守し、安全管理を徹底することはもちろん、現場視察を行い、作業工程を洗い出し、お客様の適正なコンプライアンススキームを構築します。また、廃棄物管理の関連法案に特化したスタッフが、法改正や運用変更への適正な対応方針を提案します。各現場で運用ルールを守り、コンプライアンスを順守できるよう、従業員に向けたコンプライアンス研修なども実施可能です。

POINT03

広域・大量の廃棄物を処理できます。

リバーグループは、関東を中心に18の廃棄物処理施設を保有し、日本でもトップクラスの取扱量を誇ります。有価物と廃棄物とを問わず多種多様な排出物に対応しており、選別のさらなる厳密化により高いリサイクル率を実現しています。また、北は北海道から南は沖縄まで、全国約300の優良リサイクル処理事業者とのネットワークを有し、これら有力リサイクラーと協力しての対応も可能です。スポット的に発生する廃棄物の処理もご要望に応じてコーディネートします。

POINT04

機密情報を適正に処理します。

OA機器やサーバー、ATMなど機密情報を含む機器類について、日本トップクラスの手解体技術とセキュリティ対策でデータを適正に削除します。HDDのデータ消去サービスも行っています。機密文書類も運搬から破砕処理までワンストップで対応し、梱包されている書類を未開封のまま破砕します。廃棄証明書も発行しています。
機密処理後は磁力・渦電流・乾式・湿式など複数の選別を行うことによって、マテリアルリサイクル、部品リユース、製品リユースにも取り組んでいます。

よくいただくご質問

Q 現場でどのような運用しているか把握ができていません。現場調査などもお願いできますか?
A 現場への視察から作業工程の洗い出しなども対応可能です。

現在の運用調査から、課題抽出、提案スキームまで一気通貫でご提案可能です。
複雑な法規制の観点や効率的な運用にいたるまで、お客様視点でご提案します。

事例紹介

CONTACTお問い合わせ

廃棄物処理・リサイクル・リソーシングに関することならお気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせ
(受付時間:平日10:00~18:00)