アパレル企業

アパレル商品の機能破壊処理

  • 廃棄物の種類:衣類、シューズ、小物類
  • 規模:年間80,000kgのアパレル商品を機能破壊

社会課題

製品を製造する以上、切っても切り離せないものが「廃棄」するという行為です。
アパレル市場では各シーズン大量の衣類を製造・販売し、売れ残ってしまったものはいくつかのプロセスを経て廃棄せざるを得ません。
廃棄に当たっては、違法コピーを防ぐための手立てや、リサイクル率の向上が課題となっています。
リバーでは、複数の大手アパレルメーカー様の製品廃棄をお引き受けし、上記のような課題への対応を充実させています。

アパレルの廃棄物

衣服
鞄・小物類

お客様からのご相談

  • 01 ブランド製品が流出するとブランドイメージを棄損するので適正な処理をしたい 大手アパレルメーカー様では、廃棄されるはずだった商品が誤って流出し、安価で市場に流通してしまい、自社ブランドのイメージダウンを引き起こしていました。そこで、極力業者の数を減らし、一気通貫で処分したいというご要望がありました。
  • 02 各シーズンで大量に廃棄されるので大量廃棄に対応してほしい 加えて、複数のブランドを持っているため廃棄対象品の量が膨大になっていました。倉庫に保管しておくと倉庫代もかかるため、なるべく短期間で処理を完了させたい、というニーズがありました。
  • 03 何かしらのリサイクルをしたい さらに、サスティナブルな社会の形成やCSRの観点から、ただの焼却や埋め立て処分ではなく、リサイクルを実現させたい、というご希望もお持ちでした。

リバーグループのご提案

01 運送から処理まで
ワンストップでトータル管理を実現、流出を防止
1つ目の課題に対して、リバーでは処分だけでなく運送の機能も保有しているため、運送から処分までワンストップでサービスをご提供しました。
自社で一気通貫で対応することにより、流出のリスクを最小限に抑えることが可能となりました。また、衣料品は着用しても機能が発揮できないように、破砕処理を行って処分しています。廃棄証明の発行も実施しています。
02 大型車で一括回収 リバーでは、4~10t車まで、様々な車両を複数所有しているため、シーズンに段ボール数千箱に及ぶ大量廃棄などにも、対応できました。
回収業務についてもベストなご提案をさせていただいています。
03 単純焼却・埋立ではなく、
サーマルリサイクル、セメント化を実施
現状では繊維自体のリサイクルまでは実施できていませんが、サーマル発電などの熱利用及び、セメント材利用などのリサイクルができるスキームで対応しました。現在、RPFなどの固形燃料化の研究なども行っています。

ご提案・運用までのステップ

関連リンク

CONTACTお問い合わせ

廃棄物処理・リサイクル・リソーシングに関することならお気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせ
(受付時間:平日10:00~18:00)