ecoo online

人・企業・環境をつなぐ、
新しい時代のリサイクルメディア

廃棄物処理法のヒントリサイクル最前線 そうだったの?リサイクル

事故車の廃車処分ってどうすればいいの?お金や手続きについて解説していきます

share

突然の事故で車が破損してしまい、廃車しなければならないが、何をどうしていいかわからず困っている方も多いかと思います。
事故車も程度によって修理して使用し続ける選択肢もありますが、骨組みなど重要なパーツが破損してしまうと、すぐに故障したり、安全な運転に支障が出てしまう場合があります。
この記事では、事故車を廃車する場合の手続きや心配なお金回りのお話を中心に解説していきます。

目次

廃車を処分するときの料金ってどのくらいかかるの?

まず心配になるのが、事故車を廃車するのにどのくらいお金がかかるのかということではないでしょうか?
お金に関してはどこに廃車を依頼するかによって大きく異なります。
廃車を依頼する方法としては

・購入したディーラーに依頼する
・廃車を専業とする業者に依頼する

多くの方は購入したディ―ラーに廃車を相談するかと思います。事故車ですと車種にもよりますが、0円、もしくは数千~数万円のお金がかかることがあるのが実状です。
ディーラーは車を売ったり、修理したりすることを専業としておりますので、当然廃車に関しては外部に委託をかけます。特に事故車は自走できなかったりするので、レッカーなどの輸送費用や手数料など複数の諸経費がかかります。
その点、廃車を専門とする廃車専門業者へ直接依頼を出せば、輸送から解体費用などの諸経費が少ないため、買い取ってもらえるケースが多いです。
金額は車種によって違いますが、数千~数万円程度の買取り金額が多い傾向です。
少しでもお金を回収したいのであれば、事故車は廃車専門業者に依頼するのがベストな選択と言えます。

廃車専門業者が事故車を買取りできる理由

  1. 鉄スクラップとして車両を売却できる
  2. 解体過程でパーツ取りなどが可能

基本的には鉄スクラップとして資源売却ができるため、買取りが可能と言った理由がメインです。ただ、資源相場には波があり、価格については流動的になります。
また、廃車専門業者は解体過程で外装品や内装品のパーツを取り出し、中古自動車パーツとして販売することができ、その分を加味して買取りできる特徴もあります。 

買取りができない事故車

廃車専門業者でも買取りができない車の特徴をご説明します。

・事故車両にトラック、レッカー車が隣接できない
・すべての車輪が全く回らない
・長年放置され、パーツ等の価値がない

自走できない車だから買取りができないということはなく、トラック、レッカー車に乗せられるかどうかが一つ大きなポイントになります。 

廃車の手続きについて

廃車の手続きについては、廃車専門業者が全て代行して対応してくれます。
事故車のため、完全にその車両に乗らない場合は、「永久抹消登録」を行います。「永久抹消登録」を行うには、下記の書類が必要になります。

  1. 所有者の印鑑証明書 ※発行日から3か月以内のもの
  2. 所有者からの委任状 ※実印の押印が必要
  3. 所有者からの譲渡所 ※実印の押印が必要
  4. 車検証
  5. ナンバープレート ※前後2枚

事故車を廃車依頼するならどこの業者がいいの?

廃車専門業者といっても規模や対応は業者によってまちまちです。「引取り業者」に区分される業者数は全国3万社あり、その中から業者を選ぶことは簡単ではありません。
リバー(株)では、自動車リサイクルに関わる全ての工程を持っている全国でも数少ない会社になります。
事故車に関しても高い実績があります。リバーが事故車の買取りができる理由について解説します。 

  • 「引取り」→「解体」→「パーツ取り」→「破砕」まで一貫したプロセスがあり、効率的な運用が可能
  • 自動車中古パーツの販売網を豊富に持っていること
  • 鉄スクラップとして売却能力が高い

automobile_p01.png

リバーでは、廃車の引取り~破砕処理するまで一貫したプロセスを持っていることが特徴です。解体の過程では、売却できる外装品、内装品などを取り出し、検品・清掃を行って、販売を行っております。
解体、中古パーツ販売、破砕まで一貫した処理が可能なことにより、余計な中間マージンやコストが発生せず、その分お客様に還元が可能となっております。車両の破砕台数では、関東から排出される廃車の1/3を占めるため鉄スクラップの取り扱い量が多く、売却能力が高いのも事故車を買取できる理由の一つです。
また、この業界では数少ない上場企業グループとしての透明性・安心感もあります。

まとめ

事故車の廃車でお困りの方は、ディーラーではなく直接廃車専門業者に依頼するのがおすすめです。業者の選定でお困りであれば、リバーに是非ご相談ください。
回収エリアは、「東京都」「埼玉県」「千葉県」を中心とする関東圏になります。
廃車のお値段が気になる方は、廃車買取りフォームよりご依頼ください。

廃車買取について廃車査定フォーム