金属スクラップ(鉄くず、金属くず)の買取

的確な選別・加工で資源循環の輪をつなぎます。

買取の流れ

  • まずはお電話またはWebサイトのお問い合せページからご連絡ください。買取可能なスクラップか否か(場合によっては概算の買取価格)、受け渡し方法、日程などについて事前にご相談いただけます。お電話なしでもお持ち込みいただけますが、買取ができない場合もございます。
  • 最寄りの事業所までスクラップをお持ち込みいただくか、お客様の元へ品物を引き取りに伺います。
  • トラックスケールにてスクラップを計測し、スクラップの買取金額を確定します。

主要買取品目

  • 建屋解体屑

    建物を解体する過程で発生する金属製の構造材、外壁材、鉄筋など

    ※コンクリートなどの異物が付着している場合はご相談ください。

  • 自動車解体屑

    自動車解体に伴って発生する、主に足回りの鉄スクラップなど

  • 工場発生屑

    製品製造過程で発生する打抜き屑、切削屑

    ※金属種にかかわらず買取対象となります。

  • 生産設備

    撤去された設備など

    ※重量が荷下ろしのカギになりますので、概算重量を搬入前にお知らせください。

  • 被覆線

    工場の動力線などの銅ケーブル、家庭用の雑線、Fケーブル

  • 配電盤・電機部品

    配電盤、トランス、ブレーカーなど

    ※大きな物から小さなものまで扱います。

  • ステンレス設備

  • 住宅設備(アルミ建具)

  • アルミ缶(バラ・プレス)

  • 情報機器

  • 住宅設備(水道)

  • 住宅設備(ガス機器)

建物設備の解体・撤去工事

「建設工事に係る資源の再資源化等に関する法律」(「建設リサイクル法」)に基づき、2001年5月30日から、「土木工事業」「建築工事業」「とび・土工工事業」の建設業許可を持たずに、家屋等の建築物、その他の土木工作物(建築物等)を解体する建設工事(解体工事)を営もうとする事業者は、元請・下請の別にかかわらず、知事による解体工事業登録を受けなければならないことになりました。
リバーでは、以下のとおり解体工事業の登録を受けています。解体工事のご用命がありましたらご相談ください。

解体工事業 建設工事に係る資材の再資源化等に関する法律第21条第1項による規定

登録番号 : 埼玉県知事 (登-27) 第603号
登録の有効期間 : 令和2年4月1日 から 令和7年3月31日まで

関連リンク

CONTACTお問い合わせ

廃棄物処理・リサイクル・リソーシングに関することならお気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせ
(受付時間:平日10:00~18:00)